尿の検査

学校の健康診断でも事業所検診でも健康診断の項目には必ず登場するのが
おしっこの検査(検尿)ですね。おしっこの一般的な検査は比較的安価ですし、
採血などして痛い目にあわなくても簡単に検査できます。テステ−プという試験
紙さえ用意すれば特別の機械器具がなくても簡単に検査でき、しかも下記のよう
ないろいろな病気の診断にいたる重要な情報を得られることがありますから日常
的に検査されているわけです。

ふつうの尿検査でわかること

糖尿病や糖尿病性の腎臓障害の発見の糸口となることがある。
腎炎やネフロ−ゼ症候群など腎臓病の発見の糸口となることがある。
膀胱炎や腎盂腎炎などの尿路の炎症を調べることができる。
腎臓結石や尿管結石また腎臓ガンなどの発見の糸口となることがある。
肝臓病の発見の糸口となることがある。


尿検査の項目とその説明

尿 糖 血液中のブドウ糖が腎臓から尿の中に排泄されたものです。
全くの健常者であれば普通は食後であっても尿の中に糖は
出ませんから尿糖が陽性の場合は、糖尿病などを疑ってさら
に糖負荷試験などの検査を進めます。ただし、糖尿病でなく
ても尿の中に糖がでることはあります。
尿 蛋 白 腎炎やネフロ−ゼ、腎盂腎炎、また糖尿病や高血圧などによ
る合併症で腎臓障害がある場合などさまざまな病気で尿蛋
白が陽性となりますが健康な人でも一過性の蛋白尿がでる
ことがあります。
尿 潜 血 尿の中に血液が含まれていないかどうかを調べる検査です。
非常に敏感な検査で、ごく少量の血液でも(もちろん肉眼的
におしっこの色が赤くなくても)検出できます。尿道炎などの
炎症や結石、腫瘍などが注意を要する疾患です。
ビリルビン

ウロビリノ−ゲン
これらはいずれも肝炎などで肝臓障害がある場合に尿の中
に増加してくるものです。どちらも胆汁の色素の成分で、ウロ
ビリノ−ゲンは健常者の尿にも少量は含まれていますが、ビ
リルビンは含まれていません。
亜硝酸塩

白血球反応
この項目は必ず調べるわけではありませんが、膀胱炎や腎
盂腎炎など、大腸菌などの細菌による炎症の有無と程度を
調べる検査です。この項目がなくても尿潜血や自覚症状で
炎症の有無が推測されます。
以上の項目のほかにも尿のpHだとか比重だとかもテステ−プで調べる
ことのできる項目です。さらに、ある病気が疑われて詳しく調べる必要が
あるときには、尿の中の細胞や細菌を顕微鏡で見たり(尿沈渣)細菌を
培養したり、ガン細胞の有無を調べたりと、テステ−プでは検査できない
詳しい検査をすることがあります。