胃の検査

胃 カ メ ラ


胃 透 視
この検査の目的は、食道・胃・十二指腸の疾患の診断ですが、
以前はまず胃透視を施行してそれで異常所見を認めた人にた
いして胃カメラをすることがほとんどでした。現在もこの方式を
採っている医療機関が多いと思いますが、最初から胃カメラを
実施する施設も増えてきています。胃カメラと一般に呼ばれて
いるものは、現在は正式には上部消化管ファイバースコープと
いうものですが、ここでは胃カメラと呼んでおきます。胃カメラ
は、なんといっても胃や食道・十二指腸の粘膜をグラスファイバ
ー越しとはいえ直接見ることができますから、単なる凹凸だけ
でなく粘膜の色調などを詳細に観察できます。したがって早期
ガンの診断には胃カメラの方が有利です。さらに胃カメラでは、
疑わしい病変を認めたときにその部から組織を採取して病理
検査に出すことができるという利点があります。スキルスとい
う特殊な胃ガンは胃の粘膜の下を発育していく関係で胃カメ
ラよりも胃透視のほうが診断に有利なことがあるので胃透視
の有用性を力説する人もいますが、一般的にはガンを始めと
する上部消化管疾患の早期診断には胃カメラの方が優れた
検査であると思います。また、スキルスにしても胃透視で診断
がつく段階のスキルス胃ガンは、胃カメラでも診断できると思い
ます。胃カメラは、検査にある程度苦痛が伴うということで敬遠
される方もあるかと思いますが是非胃カメラ検査を受けること
をお勧め致します。また、どうしても苦手な方は苦痛なく胃カメラ
検査をする方法もありますからご相談下さい。胃透視は、胃カ
メラで確定診断がついた後に手術などが必要であれば術前検
査としては非常に重要な検査ですし、胃の粘膜の荒れの分布
や全体像、周囲の臓器との関係などを知る意味では胃カメラよ
り断然有利な点もあります。いずれにせよ夫々の検査の長所
を生かして目的に応じた検査をすることが大事です。現在当ク
リニックでは胃カメラと胃透視の比率は9:1くらいです。
ヘリコバクター
ピロリ
胃酸やストレス・体質や暴飲暴食などが主たる原因と思われて
いた胃潰瘍や十二指腸潰瘍に最近、ヘリコバクターピロリという
特殊な細菌感染が原因の大きな部分を占めるということがわか
ってきました。ただし、日本人の場合で健常者も含めて約6割く
らいの人がこの細菌の感染を受けていますからこの細菌がいれ
ば必ず潰瘍が出来るわけではありませんが、潰瘍の原因として
は最も大きな要因であることは確実になってきました。永年胃潰
瘍や十二指腸潰瘍に苦しんできた人がこの細菌を完全に除菌し
てしまうことで全く再発のない生活が送れることも多いので欧米
ではこの細菌の除菌療法が認可され日本でも胃潰瘍や十二指腸
潰瘍のある人には平成12年11月より医療保険の適応となりました。
胃カメラで検査後2時間以内にヘリコバクター感染の有無を判定でき
ますのでご相談下さい。また、除菌をご希望の方もご相談ください。

左の写真は、ヘリコバクターピロリ
の判定によく使用されるテストプレ
ートです。中央の円形の部分に胃
から採取した組織を埋め込むとヘ
リコバクターが組織の中にいれば
菌体からでる酵素の影響で中央部
のゼリーが赤色に変色します。上
の黄色の写真は陰性、下の写真は
陽性のものです。
逆流性食道炎 左と同じ患者さんに認めた十二指腸潰瘍
胃酸分泌抑制剤を2週間服用後の状態 胃酸分泌抑制剤を2週間服用後の状態