脂質の検査

総コレステロール

中性脂肪
これらは身体の重要な構成成分でもありますが多すぎると
動脈硬化を促進させる働きがあります。特にコレステロール
は高血圧や糖尿病などとともに動脈硬化の重要な原因です。
そのコレステロールの中でもっとも重要な意味をもつのが悪
玉コレステロール(LDLコレステロール)の増加と善玉コレス
テロール(HDLコレステロール)の減少です。こうしたコレス
テロールの異常や中性脂肪の増加がある状態を高脂血症と
いい、狭心症や心筋梗塞、脳卒中の原因となります。こうした
高脂血症の治療には一般的には食餌療法と運動療法を行い
ますが、一般的に中性脂肪は食餌療法がとても効果がありま
すから中性脂肪の高いひとは体重を標準体重に維持し、肥満
をさけるとともにウォーキングを中心とした運動と糖分・炭水化
物(ご飯・パン・麺類)・アルコールを特に控えて下さい。これに
対してコレステロールの異常は食餌療法がやや効きにくいもの
ですし、遺伝性のものや加齢、ホルモンの影響など食事以外の
原因によるものも多いものです。肥満の是正と食事内容の栄養
士による分析をうけて問題となる点を改善してもなおコレステロ
ールの異常が続くようであれば内服治療が必要です。幸いこの
方面の薬剤はとてもよく効くものがあります。